calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recommend

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい (JUGEMレビュー »)
小山 鉄郎,白川 静,文字文化研究所

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

はんこの彫りなおしのお話  金沢のはんこ屋-ツルミ印舗

こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、梅雨の中入道雲がニョキっと出る暑い『一日』でした。

 

今日は、暑い中
お客様への配達に金沢市内を自転車と車を併用しながら
出かけてました。


さて、今日はお客様からのご要望のお話を

------

先日、ご来店いただいたお客様に
「はんこの彫りなおしは出来るの?」と、

はい、はんこの彫りなおしは出来ますよ。
その方は、「お嫁に来たときにお母さまからもらった」そうで
長年使っていたらはんこのワク(枠)がいくつか欠けている部分が
あるし、縁起が悪いよね。

というお話。


お持込されるはんこ
そんな理由のいくつかに
・昔、中国へ行ったときのお土産があるんだけど・・・

・父の遺品を片付けていたら、はんこが出てきた。

というお話も伺います。
いずれの場合も、彫りなおすか、新しく彫刻ですね。



再彫刻の場合は、材料が「黒い色をしている黒水牛」か
「白い色の象牙」が彫りなおしにて適しています。
というのも、


はんこの材料の名前を彫ってある部分=彫刻面から数ミリ
削って彫りなおすので
朱肉の油をよーく吸った「木の材料=柘」は
材料全体に、油が回っていることが多いので
新しく彫りなおしても、また欠けてしまうことあるからです。


彫りなおすなら「象牙か水牛」ですよ。




五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
http://www.i-hankoya.co.jp/

| 手彫りはんこのお話 | 18:07 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

大東文化大学フェアに行ってきた。

 こんにちは、五代目です。
今日も、梅雨空の金沢、曇天というのがピッタリかな?!
はーやく、スカッとした天気よ来ーい。。。


先日、金沢市文化ホールにて開催された
「大東文化大学フェア」に行って来ました。

ここでは、書道展を開催されていました。
応募点数が数百点となったらしく昨年のテレビ金沢会場より
場所を大きくし開催されました。


ここで、見たかったのは
書道・篆刻の実演!

壇上で、書の先生が
石川県の和紙「二俣和紙」を使って実演です。

この日初めて、二俣和紙を使う先生達
墨のにじみを筆で感じ取りながら、ビュと文字を書いて行きます。


会場は息を呑むとはこのことか!
と感じる静けさ。



一瞬、シーンとした空間で先生は1文字書いていました。

先生方が書いている様子をテレビカメラが臨場感たっぷりに
写している様子を後ろの大画面に写され
書いている様子は生で見られます。



いつ、どこで書いたのか
太い筆を使って小さい字も書かれる様を見て素晴らしい!
と感じました。




そして、もう一つ
篆刻の先生の実演です。


この先生は、石の大きさ20mm角を
ポリポリと10分程で彫り上げておられました。

この先生がとても素晴らしい!
彫り方、仕上げの仕方、こんなに大きく彫っても良いのかと、
思える彫る様子

こんなに、貴重な体験ができるとは
良い時間でした。




五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
http://www.i-hankoya.co.jp/


| 金沢のこと | 09:56 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

そろそろ夏ですね。

 こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、暑い!

けれど、最近までの暑いとは違って蒸し暑くない。
風が涼しくて窓を少し開けて仕事をしていると丁度良い感じです。




昨日、配達と営業を兼ねて出かけているときに
入道雲・・・?を見かけました。



写真の中央にニョロっと出ている雲は
入道雲でしょうか・・・

梅雨も明けて、夏が来るのかなぁ



今日は、土曜日
一人店番をしながら一週間たまった細かな仕事を
お片づけ。



金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目
http://www.i-hankoya.co.jp/

| 金沢のこと | 10:36 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

落款印のご注文。 マークも彫刻するんです  【ハンコのツルミ印舗】

 こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、また薄曇りの天気
スカッ!と晴れてくれないかなぁ・・・


さて、今日はご注文の落款印を彫りました。
ご注文は、文字(お名前)ではなくて“マーク”なんです。。。



陶器にギュと捺されるそうで、深く彫ることが条件です。

この位彫ってあればいいかなぁ、と心配しながらの彫刻でした。
細かい部分を彫る時は、彫刻刀(鉄筆)を細いものに持ち替えて
彫ります。




材料に写すときが、気を使います。
一度、ご注文のサイズに書き直してから、雁皮紙(がんぴし)にもう一度
墨で書き写す。

それを反転させて
材料の上でトントンと叩いて写します。


古いやり方ですが、これが一番。




五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
http://www.i-hankoya.co.jp/


| 手彫りはんこのお話 | 11:17 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

落款印のご注文。 マークも彫刻するんです  【ハンコのツルミ印舗】

 こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、また薄曇りの天気
スカッ!と晴れてくれないかなぁ・・・


さて、今日はご注文の落款印を彫りました。
ご注文は、文字(お名前)ではなくて“マーク”なんです。。。



陶器にギュと捺されるそうで、深く彫ることが条件です。

この位彫ってあればいいかなぁ、と心配しながらの彫刻でした。
細かい部分を彫る時は、彫刻刀(鉄筆)を細いものに持ち替えて
彫ります。




材料に写すときが、気を使います。
一度、ご注文のサイズに書き直してから、雁皮紙(がんぴし)にもう一度
墨で書き写す。

それを反転させて
材料の上でトントンと叩いて写します。


古いやり方ですが、これが一番。




五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
http://www.i-hankoya.co.jp/


| 手彫りはんこのお話 | 11:17 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

篆刻教室を開催しました。 in金沢宇多須神社於

こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、ドンよりとした金沢独特の
「晴れる訳じゃない曇る訳じゃない」天気でした。

あー、太平洋側が恋しいなぁ。。。

さて、先週末(7月3日)に金沢は宇多須神社にて
「篆刻教室」の開催を予告していましたとおり
開催してきました。




(個人をなるべく特定出来ないようにボカシてます)

総勢20数名の全員大人の方にご参加いただき


初めは、すこーし、印章の起源からお話させてもらい
金印(漢倭の名の国王印)が福岡県志賀島から発掘された。。。

と、篆刻との繋がりなど
皆さん、熱心にレジメを見ながら聞いていただきました。


彫刻する石のサイズは15mm角
これ以上大きいと、普段の生活で何に捺して良いのかわからないし
これ以上小さいと、彫るのが難しくなるので
既成サイズの中で、丁度良いサイズとして選びました。



その石の中に、小宇宙を作り出すように「1文字」だけとの指定にして
皆さんデザインを考えながら真剣に紙に向かいます。
(少しサンプルもお見せして)


数分後、早い方は石に転写されていました。。。。
私からすると、速い!
迷いがないように思いました。


転写の時、
ハンコは、正字ではなくて、逆字で彫らなくてはならないので
皆さん苦労されていましたが、何とか石に自分のデザインを写して
ポリポリ♪と


(個人をなるべく特定出来ないようにボカシてます)


いつもは、おしゃべりが多い方達だそうですが、
彫刻の時は、シーーンとして
ポリポリと彫る音と、時折 フーーッ!と
彫りカスを飛ばす音だけが響いていました。


開始から約40分位でしょうか
皆さん彫りあがって
「これ位の深さでイイの?」
「カドを丸めたんだけど、どうかな?」などと楽しそうに話されている様子を見ていて
大人でも、一つの事に一時真剣に取り組むと

子供のように、ワクワクされるんだなぁ・・・と
思いました。


こんな感じに、少人数の「はんこ教室」を今年もいくつか開催したいと思ってます。
活動範囲は金沢市内とは言わず石川県などと大きく考えており


これも、日本人には欠かせないはんこ(印章)文化を正しく広報して
啓蒙活動することにより少しでもお役に立てないかと活動しております。



五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
http://www.i-hankoya.co.jp/




JUGEMテーマ:アートで地域活性化
 
| 手彫りはんこのお話 | 19:32 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

文字の起源を辿る『2』 金沢のはんこ屋

 今日の金沢は、雨でした。こんにちは五代目です。

今日の金沢は、昨夕からの雨で道には水溜りが出来てます。
草木は青々としてこの雨を待っていたように見えます。

そう言えば、一週間くらい晴れてたよな。


さて、今日は文字の成り立ち『喫』
------------------------------------------------------------

この字は「口」を部首とする文字です。
喫とは、口と契より成り立っています。


口は、口舌の口。
契は、約束の意味ですが、ここでは口の中にある物がもつ
味や香りが人の味覚に訴えるという意味を表します。

喫は口に含んだ物の味や香りが口中に広がる意味が本流です。

人によって個人差のある味覚は個々人の過去の経験などによって
基づくと言われています。


喫煙と使われることが多い『喫』の字
全ては口で味覚を味わう行為を表したものです。 

------------------------------------------------------------

いかがでしたか、少し身近な字を題材に
文字の成り立ちを紐解いていこうと思っています。




以上、
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目

| 文字の起源 | 14:37 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

文字の起源を辿る。 金沢のはんこ屋

こんにちは、五代目です。

今日の金沢は、昨日と同じように蒸し暑く
営業に出かけた車内はクーラーを掛けずには居られない感じでした。


今日は、文字の起源を語って見ます。
一文字「悟」

この字は心を部首とする字

「悟」は心と吾より成り立ち、
「心」は人の心中を思いの意味
「吾」は、相互が相通じ合う意味を表したものです。


「悟」は、お互いが相手の思いを察し合える意味が
本当の意味として考えられていて
「悟り」さとりと表します。


以上「悟」を紐解いてみました。
また、今度他の文字を
書いてみたいと思います。



五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
| 文字の起源 | 18:55 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

宇多須神社で、はんこ教室を開催します。

 こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、梅雨のジトーっとした天気でも晴れていました。


今週末、金沢東山「宇多須神社」にて久しぶりに
『篆刻教室』を開催します。


今回の場所は宮司さんの計らいによって実現したもの
この神社の近くで和食カフェ「東山みずほ」を営んでるオーナー
川さんが宮司さんをご存知でして

総勢30名ほどではんことは何ぞやを
お話しながら篆刻を楽しみたいと思っています。




五代目

金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
http://www.i-hankoya.co.jp
| はんこの彫刻 | 19:24 | - | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

ラジオに生出演してきました。 FMN1

 久しぶりの五代目です。
長らく、ツイッターの方に行っていてブログの方が
ご無沙汰になってました。。。


今日の金沢は雨、梅雨を少し感じる5月です。


さて、先週末の土曜日に金沢にある
FMN1さんに呼ばれて
ラジオ番組に生出演してきました。
周波数は、76.3MHz、金沢市、野々市町、白山市。をエリアとする
コミュニティFM局



「ツイートオンサタデー」という番組の
「クリエイターズレディオ」のコーナーに16分間の出演。


私が、はんこ屋五代目として行ってきました。
------------------------------------------------------------



(左から、ナビゲーターの加茂谷さん・木和田さん、そして五代目です。)


初めは緊張しながらのリハーサルでしたが始まれば
得意分野のはんこ話なので、リラックスしながら話せました。


自分が話す時はマイク横のレバーを上に上げると
話せるようで、ヘッドホンのボリュームも
横に付いてます。




この日は、タイミング良く
金沢工業大学の生徒・石川工業高等専門学校
ラジオプロジェクトの授業の一環として
見学に↓




更に、地元TBS系テレビ局のMROも
木和田さんの取材ということで、カメラが回った状態。。。


初めてのラジオ出演が、とても賑やかな日でした。



話した内容は、
・私がどうしてはんこ屋になったのか。
・金沢のはんこ屋-ツルミ印舗の特徴。
・はんここぼれ話。

など、リクエスト曲も掛けてもらえて大満足の一日でした。



金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目
| 実印のはなし | 18:28 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |