calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recommend

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい (JUGEMレビュー »)
小山 鉄郎,白川 静,文字文化研究所

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

文字の起源を辿る『2』 金沢のはんこ屋

 今日の金沢は、雨でした。こんにちは五代目です。

今日の金沢は、昨夕からの雨で道には水溜りが出来てます。
草木は青々としてこの雨を待っていたように見えます。

そう言えば、一週間くらい晴れてたよな。


さて、今日は文字の成り立ち『喫』
------------------------------------------------------------

この字は「口」を部首とする文字です。
喫とは、口と契より成り立っています。


口は、口舌の口。
契は、約束の意味ですが、ここでは口の中にある物がもつ
味や香りが人の味覚に訴えるという意味を表します。

喫は口に含んだ物の味や香りが口中に広がる意味が本流です。

人によって個人差のある味覚は個々人の過去の経験などによって
基づくと言われています。


喫煙と使われることが多い『喫』の字
全ては口で味覚を味わう行為を表したものです。 

------------------------------------------------------------

いかがでしたか、少し身近な字を題材に
文字の成り立ちを紐解いていこうと思っています。




以上、
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目

| 文字の起源 | 14:37 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

文字の起源を辿る。 金沢のはんこ屋

こんにちは、五代目です。

今日の金沢は、昨日と同じように蒸し暑く
営業に出かけた車内はクーラーを掛けずには居られない感じでした。


今日は、文字の起源を語って見ます。
一文字「悟」

この字は心を部首とする字

「悟」は心と吾より成り立ち、
「心」は人の心中を思いの意味
「吾」は、相互が相通じ合う意味を表したものです。


「悟」は、お互いが相手の思いを察し合える意味が
本当の意味として考えられていて
「悟り」さとりと表します。


以上「悟」を紐解いてみました。
また、今度他の文字を
書いてみたいと思います。



五代目
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
| 文字の起源 | 18:55 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

文字の勉強を少し−文字の歴史−


 こんにちは、五代目です。
今日の金沢は、晴れたり雨降ったりの変わった天気でした。


さて、今日は久しぶりに「文字」について歴史を振り返ってみたいと思い
書きます。



現在、常用漢字や日ごろ使われている漢字(文字)は
人類が、きわめて単純な生活をおくっていた頃
(朝、明るく目が覚めれば起きて空腹になれば果実や魚を食べていた)

そんな時代に人々は口伝えにしか出来事を語り継がれていませんでした。


しかし、形のない言葉はいづれ忘れて真実を正確には残すことができない。

そこで、言葉を記録する方法を考えたのが文字の始まり。
初めは極めて単純な物の形を描いたものが最初(それが象形文字)


そこから漢字になるには
象形文字から、指示文字へと変化。


★象形文字とは
日・月のように、形を描いて簡略化した絵文字のことを言います。

★指示文字は
形では表しにくい物を抽象的な約束を元に描く文字
例えば一、二、三や 盆(一)の上に点(・)があるのが「上」と読む

「右」の字は、親指と中指、人差し指をヨコに出すそれに口( くち )を付けて
左手より物を取ったりするのに優秀だから。

「左」は逆に工 が入っていますが、これは工具を支える手だから
という意味があります。
=======================================

それから、会意文字は意味の異なる字を組み合し
一つの文字を作る

例: 口と鳥で=鳴 、木が3つ合さって=森

形音文字は言葉の音に合わせてあります。


このように、いろいろな文字が登場し
文字の発明が文化に影響を与え

急速に文化が発展していったようです。


また、中国における文字の発明は素晴らしいもので
現在も中国の方は日本のように読めない字にはふりがなを付けたり
代用できますが

それも無く、全て漢字によって表現されています。


当然、日本での漢字文化は
中国からの輸入品と考えて良いでしょうね。

(一部に日本によって作られた漢字も多くありますが)


「写真は大英博物館にあるロゼッタストーン」
実物は、かなり大きく厚みのある石です。キレイに字が刻まれていてビックリします!




長くなりましたが、少し文字・漢字の歴史を振り返ってみました。



金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目








| 文字の起源 | 17:37 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

行書体の起こりは、 金沢のはんこ屋-ツルミ印舗

 五代目です。

今日は、文字の成り立ちではなく「書体」の起こりについて

◆行書体
ぎょうしょたい、は最近良く見かけるところの一つに
年賀状があります。

年賀状の宛名部分に、パソコンのソフトで出力したのでしょうかね、
筆で書いたように見える風流な書体が「行書体」です。


習字などで習う文字(楷書体)と似ているのですが
丸める部分や、払う部分があります。

------------------------------------------------------------


行書は後漢の劉徳昇(りゅうとくしょう)の作といわれています。
筆で、楷書体を正しく書くことは非常に大切なことですが、
能率的ではなく


また、早く書ける草書体は筆の走るにまかせて書いたのでは
読みにくい文字ができてしまい 間違いやすいので


その中間のものを考案したのが行書体です。


==================================

文字の起源は、ほとんどが隣の国「中国」です。


中国では、カタカナやひらがなのように
漢字が書けない場合に避けて書く文字がないだけに

漢字を覚えることはとても重要なことのようです。



http://www.i-hankoya.co.jp/
金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目



| 文字の起源 | 14:05 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |

てを負傷。

 毎週土曜の店番です。


本日は、クロネコで発送するものもあり


お店も、ご来店いただくお客様が多いです。

息子様に実印を、ご検討のお客様。

お子様のお誕生を記念して「銀行印」を
「かわいーのないかしら?」と、

はい、扱っていますよ♪


と、一日がアッと過ぎていました。

--------------------------------------

しかし、昨日は両手を負傷してしまい


両手に包帯でした。



そこで、一つ

ケガの功名なのか、
「手」の文字の成り立ちを。


手は、5本の指と手のひらと てくびの形をかたどったもので

音には「シュ」として物を執(と)り

持つ、シツ からできています。


手は、
ヘンになると、てへん のように変形し

手に関係のある文字の一部になります。



例えば

打つ

扱う

投げる

押す

技術

招く

という、字の一部になります。
-----------------------------------------


金沢のはんこ屋-ツルミ印舗
五代目
| 文字の起源 | 17:37 | comments(0) | 金沢のはんこ屋/会社案内 |